無料デモ申込 電話でのご相談の方は 03-5402-3675

DAOU JAPAN

スパムメール対策も! 標的型攻撃防御も! メール誤送信防止も! メール無害化も!
オールインワンで実現できるメールセキュリティソリューション「TERRACE MAIL Security」

標的型攻撃とは?

標的型攻撃とは?

特定の標的に対して行われるサイバー攻撃で、偽装メールによってマルウェアに感染させるのが典型的な手法です。攻撃者は、マルウェアによって遠隔操作が可能になった端末から情報を持ち出します。メール受信者が不信感を抱かないよう巧妙な手口が使われるため、感染を100%防ぐことは困難です。そのため脅威にできるだけ早く気付き、適切な対応を行うことが重要な対策になります。なお、従来のばら撒き方のウイルスとは異なり、少数の標的に合わせて設計されたマルウェアが使われるため、従来型のセキュリティシステムでは検知ができないのも特徴の1つです。「Advanced Persistent Threat(APT)攻撃」と呼ばれることもあります。

メールのセキュリティについて、
こんな課題や悩みがありませんか?

制限なく送られてくるスパムメールやウイルスメール対策などをはじめとする、Eメールのセキュリティの重要性が高まっています。そんな中で、メールセキュリティに対して次のような課題に直面する企業や組織が多いのではないのでしょうか?

メールの選別が大変。

毎日、大量に送られてくるスパムメールと必要なメールの選別は意外と時間がかかるものです。場合によっては業務に支障をきたしてしまうこの作業も、スパムメールを隔離する仕組みを導入すれば、必要なくなるでしょう。

誤送信をなくしたい。

メールセキュリティ対策は、受信だけでなく送信メールにも講じる必要があります。例えば、誤送信による情報漏えいのリスクはメールを使う限り付きまとうもの。そこで企業はそのような事態を防ぐ仕組みを構築しておくべきなのです。

セキュリティ対策のコストを下げたい。

多くのセキュリティ製品は、保守更新費やライセンス更新費など、年間コストがかかります。もしコストが高いとお悩みなら、製品を見直すことでセキュリティのレベルを下げずにトータルコストを抑えられることがあります。

標的型攻撃対策を講じておきたい。

近年、被害件数が増えている標的型攻撃は、従来のセキュリティ技術で防ぐことが難しいサイバー攻撃です。そのため、このような攻撃を防御する機能を持った高度なセキュリティシステムの導入が求められています。

導入しているセキュリティシステムに不満がある。

既存のセキュリティシステムに対し、「大量のスパムメールを受信し隔離ボックスの容量オーバーが頻発」「機能を追加しようとすると追加料金がかかる」「製品の管理画面が使い難い」などの悩みを持つ企業様も多いようです。

以上のようなお悩み・課題は
すべてこのソリューションで解決できます

いま求められるメールセキュリティを
漏れなく実現する
「TERRACE MAIL Security」

「TERRACE MAIL Security」は、スパムメールやウイルスメール、標的型攻撃メールの遮断に加え、メール無害化、誤送信メールの防止など、、誤送信メールの防止など、メールセキュリティに必要な機能をオールインワンで提供するEメール専用統合セキュリティソリューションです。

数多い導入メリットこそが
他社製品に対する優位点

メールセキュリティに必要な各種機能をオールインワンで提供する「TERRACE MAIL Security」。優れたコストパフォーマンスや高精度の防御能力などにより、このソリューションを導入することでもたらされるメリットとその特徴は以下の通りです。

コスト低減と
セキュリティレベル向上を実現

スパム・ウイルスメール対策機能が標準バンドルされている「TERRACE MAIL Security」の初年度費用は低額。さらにスパム・ウイルス対策にかかるライセンス費は導入の翌年度からは無料なので、同等機能の他社製品に比べ、導入費用とランニングコストを抑えられます。

高精度フィルタで
スパムメールをシャットアウト

巧妙化するスパムメール遮断のために「接続段階」「SMTP段階」「Contents段階」「APT(標的型攻撃)段階」の4段階で検知を行う専用フィルタを搭載。さらに「パターンフィルタ」「学習型フィルタ」など、5種類のライブアップデートフィルタで新種のスパムにも対応。

標的型攻撃の脅威から
組織を守ります

受信メールの履歴学習機能によって、なりすましメールなど、ひと目では気付けない不審メールを検知。受信者に注意喚起することで標的型攻撃から組織を守ります。さらに添付ファイルのダウンロードや本文のURLをクリックをできなくする「メール無害化」機能も。

メール無害化機能

自治体情報システム強靭性向上モデルで必要としているメール無害化機能としては、添付ファイル削除、HTMLメールをテキスト化します。無害化したテキストメールのみ総合行政ネットワークに転送して、マルウェアを含む全ての添付ファイルをユーザーが受信する前に除外し、攻撃メールを無害化します。

メールの誤送信リスクを
なくします

添付ファイルの有無や拡張子名、キーワードなど、多様な条件設定が可能な「誤送信防止フィルタ」によって、誤送信の可能性があるメールの送信を一時保留する機能を搭載。さらに、重要なメールに関して上長の承認がないと送信が保留される機能なども備えています。

ニーズにあった構成で導入可能

ソリューションの導入は、メールサーバーの前にアプライアンスを設置するだけで、全メールの処理を確実に行う「ブリッジモード」と、物理的な構成を変更する必要なく導入可能な「プロキシモード」の2種類。ニーズに合わせて導入構成を選択できます。

送受信メール保存で
万一の際も安心です

送受信メールのメールデータをリアルタイムで保存し、長期間保管します。またインデックスを利用したメールデータの検索、復元ができるほか、管理者は必要に応じてメールの再送も可能。万が一の際のメールデータ復旧にも役に立つ機能です。

オールインワンだから簡単運用

すべての機能は統合された管理画面で運用可能です。日本語に対応したウィジット形式のダッシュボードは、直感的に操作でき、送受信メールの統計情報などを判りやすく表示。また、送受信メールのリアルタイムモニタリング機能やレポーティング機能なども備えています。

導入実績が裏付ける
高いセキュリティ性能と信頼

以上のような特徴を有する「TERRACE MAIL Security」ですが、実際に導入、活用した感想はどのようなものなのか?ここでは、「TERRACE MAIL Security」の前身製品で、近しい特徴を持った「Terrace Spam Watcher」導入企業様の声をご紹介します。

メールセキュリティの管理負担が大幅に軽減されました 某私立大学様
コストパフォーマンスが高い 数多くの導入企業、団体様
99%という迷惑メール排除率で導入決定 某ITベンチャー企業様
ランニングコストの低さも魅力 某通信キャリア様
導入も運用も簡単! 某国立大学様
300万ユーザーのスパム対策に使える処理速度の速さが導入の決め手 某通信キャリア様
ブリッジモードで既存ネットワークに影響なく導入できました 某私立大学様
お問い合わせ、資料請求はこちら

無駄のない運用を
実現するラインアップ

ユーザー数やメール数に合わせてスペックの異なるアプライアンスをご用意。さらにアプライアンスはハードウェアの他、仮想アプライアンス(プロキシモードのみ対応)でも提供しています。組織規模やニーズに合わせたモデルを選ぶことで、無駄のない運用が可能です。

お問合せフォーム